泰山木

泰山木泰山木とは、モクレン科の常緑高木で、晩春から初夏にかけて直径約15~20cmの大きな白い花を咲かせます。

佛日庵境内の泰山木は、白木蓮同様、昭和8年に中国の小説家魯迅から贈られたもので、通用口を入ってすぐのところにそびえております。

開花の季節には、境内がほのかな香りに包まれます。

▲ Page Top